当事務所では、LINE電話・ZOOMを利用したオンライン相談を実施しております。クレジットカード決済も対応可能です。

不貞慰謝料の減額交渉をしたい方へ

1 はじめに

このページは、不貞慰謝料の請求を受けている方を対象にしたものです。
不貞慰謝料を請求したいとお考えの方は、以下のページをご覧ください。

不貞慰謝料請求をお考えの方へ

2 不貞慰謝料請求をされた場合の注意点

不貞慰謝料を請求された場合に最も重要なのは、「焦って請求者の主張を承諾しない」ということです。

不貞をしてしまった場合、相手方に対しての負い目があるため、相手方の主張するがままの条件を承諾してしまうことはよくあります。
また、不貞トラブルという性質上、相手方が怒り、その怒りに威圧されてしまうことも起こり得ます。
場合によっては、「勤務先や家族に不貞の事実を伝える」などと脅迫まがいの請求をされることもあります。
人間は、このような状況で冷静な判断をすることは難しいものです。

不貞慰謝料を請求された場合は、一旦落ち着いて、今後の方針を冷静に考える必要があります。

3 不貞慰謝料請求をされた場合の適切な対応

不貞慰謝料請求をされた場合に考えるべきポイントは、突き詰めると次の2つです。

相手方が請求する慰謝料は高額に過ぎないか
不貞トラブルの場合、相手方から請求される慰謝料は高額化する傾向にあります。
300万円を超える慰謝料を請求されることも珍しくはありません。
しかし、現実には、裁判で高額な慰謝料が認められるケースは多くありません。
事実関係をきちんと整理し、こちらの主張をきちんと伝えれば、相手方の請求を大幅に減額して解決が実現することもあります。
ご自身で交渉するか、弁護士に対応を任せるか
慰謝料の減額交渉を決意した後に考えるべきは、「弁護士に対応を任せるか」です。
この点は、言い換えれば、「費用をかけて弁護士に依頼をするメリットがどこまであるのか?」ということになるでしょう。
こればかりは個々のお客様が置かれた状況によりますが、多くの場合は、費用をかけてでも弁護士に依頼をするメリットは大きいといえます。

上記のほか、不貞慰謝料についての法律的な問題は、以下のページにて詳しく解説しております。

不貞慰謝料についての詳しい解説

4 弁護士に対応を任せるメリット

過去の裁判例や法律知識に基づき適切な金額を主張できる

「適切な慰謝料額はいくらか?」という問題は、専門的な知識がなければ適切な判断がしにくいものです。
現代ではインターネット上で様々な知識を得ることができますが、法律上のトラブルは、断片的な知識のみでは解決することはできません。
「不貞」とひとくちに言っても、不貞期間の長さ、相手方夫婦の状況といった事情は千差万別です。
不貞慰謝料の減額交渉を適切に行うためには、予想されるリスクも踏まえた専門的な判断が大事です。
相手方と直接交渉するストレスから開放される

相手方と直接交渉をすることは大きなストレスです。
ただでさえ相手方は怒り心頭なわけですから、「慰謝料を減額してほしい」という交渉を行うためには強靭なメンタルが必要です。
弁護士に依頼をした場合、このようなストレスから開放されます。
裁判を見据えた慎重な対応ができる

交渉の中でふと漏らした一言が、後の裁判で不利益をもたらすことがあります。
相手方の主張に対し、どのように反論すべきかは、それ自体が専門的な判断です。
弁護士に依頼をした場合、「この反論をした場合、後に・・・というリスクがある」というアドバイスを都度受けることができます。
できれば裁判は避けたいのはもちろんですが、万が一の裁判に備えた事前予防は大事です。

将来のトラブルを予防できる

相手方と交渉をし、何とか解決をしたものの、後から請求を蒸し返されることも起こり得ます。
これを防ぐためには、相手方との合意をきちんと文書化することが必須です。
弁護士に依頼をした場合は、後にトラブルとならないような合意書を作成してもらうことができます。

5 一度は法律相談を

ここまで書いた内容は、弁護士の単なるセールストークのように見えてしまうかもしれません。
ここまで書いた内容はすべて本音ですが、最終的にご判断をいただくのはお客様です。弁護士に依頼をすることなく満足な解決を実現することができれば、それはそれで大変喜ばしいことだと思います。

ただ、「弁護士に依頼をするかどうかにかかわらず、一度は法律相談を受けてみてください」という点は強調しておきます。
法律相談を受けてみると、思いもよらぬ発見があると思います。

当事務所では、初回の法律相談を無料にて実施しております。ZOOMやLINEを利用したオンライン法律相談も対応できますので、どうぞお気軽にお問合せください。

6 弁護士費用

当事務所の弁護士費用は以下のとおりです。

法律相談

初回のご相談は無料です。
2回目以降のご相談は、30分あたり5500円(税込)のご相談料をいただきます。

不貞慰謝料減額交渉をご依頼いただく場合

着手金:11万円(税込)

報酬金:相手方の請求額と解決額との差額の16%+消費税

※例えば、相手方の請求額が200万円・解決額が100万円の事案の場合、差額100万円の16%+消費税=17万6000円が報酬金となります。

報酬金を算定する際、差額計算のベースは300万円を上限といたします。例えば、相手方が500万円の慰謝料を請求する場合であっても、300万円からの減額幅をベースに報酬金を算定いたします。

7 お問合せはこちら

お電話、メール、LINEでのお問合せに対応いたします。
お問合せの際は、以下をクリックください。

お電話でのお問合せはこちら

メールでのお問合せ

LINEでのお問合せはこちら

記事投稿者プロフィール

下大澤 優 弁護士 仙台弁護士会所属 登録番号49627

専門分野:離婚事件、男女関係事件

経歴:静岡県出身。中央大学法学部法律学科、東北大学法科大学院を経て、平成26年1月に弁護士登録。仙台市内の法律事務所での勤務を経て、平成28年1月、仙台市内に定禅寺通り法律事務所を開設し、現在に至る。主に離婚事件・男女問題トラブルの解決に取り組んでいる。

>アクセス

アクセス

電車でお越しの際は、仙台市営地下鉄南北線勾当台公園駅でお降りいただくと便利です(徒歩10分ほど)。 お車でお越しの方は、近隣のコインパーキング(複数ございます)をご利用ください。 タクシーでお越しの方は、「仙台メディアテーク」を目印にしていただくと便利です。